wifiセキュリティ対策: 自宅のwifiネットワークとRingデバイスを安全に利用するために

コード: P7-02

自宅のwifiネットワークをパスワードで保護することは、重要なセキュリティ対策の一つです。また、安全性の観点から、パスワードで保護されていないネットワークにRing製品を接続しないように注意してください。

しかし、wifiセキュリティ対策を講じる上で、パスワード設定以外にも考慮すべきことがあります。ルーターの世代やメーカーによっては、安全性の低いセキュリティ規格が使用されている可能性があります。

WEP、WPA、WPA2、WPA3 は、デバイスの通信情報を保護するため採用される、ルーターのwifiセキュリティプロトコルです。wifiネットワーク上でデータをやり取りする際、これらのセキュリティ規格がユーザーデータの保護やRingデバイスデータの安全性確保に用いられます。

WPA2は、強固な暗号化技術として広く普及しており、すべてのRing製品で使用できます。現在、RingデバイスはWPA3と互換性がありません。

WEPは、上記で述べた種類の中で最も古く、安全性の低いセキュリティ規格です。2004年に正式に廃止されたため、RingデバイスではWEPを使用しないでください。Ring Video Doorbell 4などの最新デバイスは、このセキュリティ規格に対応していません。

セキュリティ規格をWPA2に変更する方法は、ルーターの取扱説明書をご参照ください。お使いのルーターが、インターネットプロバイダーによりレンタル提供されている場合は、プロバイダーにWPA2への変更についてお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?

×

 

 



Send Feedback