オーディオとサウンドの問題のトラブルシューティングガイド

RingアプリまたはRingデバイスでオーディオとサウンドの問題が発生している場合は、ライブビューを使用しようとするときに、次のトラブルシューティング手順を実行すると、デバイスとアプリを通常の状態に戻すことができます。

サウンドに問題がある場合は、次の操作を試してください。

  • モバイルデバイスをチェックして、外部音量コントロールが、人の声を聞くのに十分なレベルに設定されていることを確認します。
    • 外部音量コントロールに加えて、デバイス設定にはオーディオ/サウンドコントロールがあります。 
      • デバイスの設定を確認する方法がわからない場合は、オンラインで「オーディオコントロール」を検索し、使用中のデバイスの名前とモデルを検索してください。 
  • 双方向通話機能を使用していることを確認します。
    • アプリ画面でマイクアイコンが有効になっていることを確認します。
    • 緑色のボタンをタップして話すこともできます。 
  • Ring Protect Planを使用している場合は、保存されている録音で音が聞こえるかどうかを確認します。
    • 保存されている録音で音が聞こえない場合は、デバイスの設定で外部音量コントロールとオーディオコントロールを確認します。 
    • 保存されている録音で音が聞こえる場合は、次のトラブルシューティング手順に進みます。
  • 通話中に一部のモバイルデバイスのサウンドに干渉する可能性がある場合は、通話を終了してもう一度ライブビューを試してください。
  • デバイスの設定でBluetooth接続をオフにして、もう一度ライブビューを試してください。Bluetoothがオーディオに干渉している可能性があります。
  • バッテリーを取り外すか、プラグを抜いて、デバイスの電源を30秒間オフにします。次に、電源を入れて、もう一度試してください。
  • これらのすべての項目を確認しても聞こえない場合は、wifi接続に問題がある可能性があります。
    • 可能であれば、デバイスをセットアップした場所から取り外してルーターに近づけるか、ルーターをデバイスに近づけてください。 
      • テストイベントを実行し、デバイス/ルーターを移動した後で相手の声が聞こえるかどうかを確認します。
    • 問題がwifi接続の不良である場合は、Ring Chime Proなどのwifiエクステンダー(無線LAN中継器)を使用して問題を解決できる場合があります。
      • Ring Chime Proの詳細については、ここをクリックしてください
    • デバイスの状態」でwifi接続の強度を確認します。
      • Ringアプリを開きます。
      • 左上の3本の線をタップします。
      • デバイスをタップします。
      • 確認するデバイスを選択します。
      • デバイスの状態をタップします
      • RSSI wifi信号の強度を確認します。
        • RSSIの詳細については、ここをクリックしてください
        • 他の方法で問題が解決しない場合は、デバイスをリセットしてみてください。リセットするには、デバイスの大きな黒色またはオレンジ色のセットアップボタンを見つけて、20秒間押し続けます。
      • 警告: これでデバイスがリセットされ、再度セットアップする必要があります。

ライブ映像

ライブ映像を実行している場合は、オーディオ設定が有効になっていることを確認します。マイクアイコンを使用して話し、スピーカーアイコンを使用して聞くことができます。アイコンが有効になっている場合は、アイコンにスラッシュが表示されません。

次の例は、RingアプリでRing Doorbellが映す映像がどのように見えるかを示しています。配達担当者との双方向音声を有効にするには、緑色のボタンをタップする必要があります。右下のスピーカーアイコンを有効にすると、配達担当者の声が聞こえますが、相手には聞こえません。

unnamed.png

通話のために緑色のボタンをタップすると、このボタンは画面に表示されなくなります。会話を終了するには、赤のアイコンをタップします。Ring Protect Planを使用している場合は、1~2分以内にイベント履歴に通話のビデオが表示されます。

unnamed__1_.png

 

この記事は役に立ちましたか?

×

 

 



Send Feedback