カラーナイトビジョンの説明とナイトビジョンのトラブルシューティング

Ringアプリのカラーナイトビジョントグルの場合、Ringデバイスで周辺光を利用して、ライブ映像で疑似的なカラー映像を生成できます。 

この記事では、カラーナイトビジョンに関する一般的な質問に回答します。 

注:Ringバッテリー駆動デバイスをお持ちの場合は、このページの下部までスクロールして、ナイトビジョントラブルシューティングのヒントを確認してください。  

カラーナイトビジョンとは何ですか?

Ringデバイスの一部のモデルには、ナイトビジョン機能があり、低光量環境でもカメラを通じて映像を確認できます。赤外線ライトを使用することで、カメラは白黒映像を生成して、アプリのライブ映像として表示できます。カラーナイトビジョン機能をONにすると、カメラはあらゆる周辺光を利用して、ライブ映像で「疑似的なカラー」映像を生成しようとします。疑似的な色深度を生成することで、映像内で何が起こっているかをより正確に把握できます。

Color-Night-Mode-1-Off.png  Color-Night-Mode-1-On.png

Color-Night-Mode-2-Off.png Color-Night-Mode-2-On.png

カラーナイトビジョン機能のON/OFFは、どのように切り替えるのですか?

カラーナイトビジョン機能のON/OFFを切り替えるには、次の手順に従います。

  • Ringアプリを開きます。
  • 画面左上の3本線をタップします。
  • デバイスをタップします。
  • 調整したいデバイスを選択します。
  • Device Settings(デバイスの設定)をタップします。
  • ビデオ設定をタップします。
  • カラーナイトビジョンをタップします。
  • 機能のON/OFFを切り替えるには、カラーナイトビジョンの有効化/無効化をタップします。

カラーナイトビジョンは映像全体をカラーに変えるのですか?

いいえ。周辺光によって十分な照度が確保された部分のみがカラーになります。暗すぎて周辺光でも見えないエリアは、黒と白で表示されます。 

カメラに近すぎる物体も、遠くにある物体と同様にカラーにならない場合があります。何か問題があるのですか?

いいえ。カメラの近くにある物体は、カメラからの赤外線照射濃度が非常に高くなります。したがって、光が少し拡散した遠くの物体と比較するとグレーに見える傾向があります。

カラー映像の色が少し変だと思われます。これで普通なのですか?

はい。カラー映像の色は、物体の実際の色ではありません。これらの色は、物体から反射された光の量に基づいて推定された近似値にすぎません。したがって、カラー映像の色は、実際とは多少違う色になっています。

カラーナイトビジョン機能を使用する必要がありますか?

いいえ。Ringアプリではこの機能をいつでもOFFにできます。 

Ringバッテリー駆動デバイスとナイトビジョンのトラブルシューティング 

Ring doorbellでナイトビジョンの問題が発生した場合、実行できるトラブルシューティング手順がいくつかあります。 

ビデオが完全に黒くなっている場合、ルーターの調整が必要になることがあります。ルーターの調整方法については、こちらをご覧ください。   

ビデオの映像が全体的に白っぽくなっている場合、録画時の照度を下げるために、防犯カメラまたはドアベルの角度を調整する必要があります。

常にビデオの視認性が低い場合は、エリアの照度を多少高める必要があります。    

この記事は役に立ちましたか?

×

 

 



Send Feedback