低画質のビデオと適応型ビデオ再生タイトルなし

Ringアプリのタイムラインでのビデオ再生では、速度が重要になります。カメラの前で起こっていることをできるだけ早く録画する必要があります。このため、Ringアプリは適応型ビデオ再生機能を備えています。この記事では、適応型ビデオ再生について、そしてこの機能の使用時にアプリのビデオがどのように再生されるかについて説明します。

適応型ビデオ再生とは

適応型ビデオ再生は、Ringアプリの機能で、目の前の出来事を可能な限り早く録画することができます。この場合、画質が犠牲になることがあります。このシステムが必要なのは、ビデオの読み込み時間が利用可能な帯域幅に応じて異なるためです。適応型ビデオ再生システムでは、システムが高画質ビデオをバッファリングするのを待つ間、ユーザーが読み込み画面を眺めているだけにならないように、高画質ビデオが読み込まれるまで、低画質ビデオを送信します。この時点で、画像は高解像度のフィードにシームレスに切り替わります。

1080pでビデオを送信することが想定されているRingデバイスを使用していますが、720pでビデオが再生されることがあります。どうすればよいですか。

これも適応型ビデオ再生システムの動作です。接続が不安定なため、システムが高画質ビデオのバッファリングを待機しているエリアにいる場合、適応型ビデオ再生システムは、画質を犠牲にして連続再生を優先するようにプログラムされています。ただし、ビデオ全体が720pで表示されている場合でも、高画質ビデオが引き続きダウンロードされ、再生できるようになることに注意してください。

タイムラインに低画質のビデオが再生されないようにする方法を教えてください。

適応型ビデオ再生システムには、ユーザーがアクセスできるコントロールはありません。ただし、携帯電話の信号が安定しているエリアに移動したり、モバイルデバイスを高品質のWi-Fi信号に接続したりすることで、低品質のビデオが再生されないようにすることができます。 

この記事は役に立ちましたか?

×

 

 



Send Feedback