プライバシーマスクについて

カメラの撮影範囲に映したくないエリア(同じ集合住宅に住む隣人の玄関など)が含まれる場合は、プライバシーマスクを使用してそれらのエリアを撮影対象外にします。撮影対象外として設定されたエリアは黒塗り加工が施され、ライブ映像や録画ビデオでも撮影されることはありません。

この記事では、プライバシーマスクに関するよくある質問に回答します。

プライバシーマスクとは何ですか?
プライバシーマスクとは、Ringデバイスカメラの撮影範囲内に特定のエリアを定義し、そのエリアを撮影対象外にする機能です。Ringアプリで視聴するライブ映像、録画ビデオにも、定義されているエリアのものが映し出されることはありません。

なぜプライバシーマスクを使用するのですか?
プライバシーマスクは、特定のエリアを撮影対象外に設定し、撮影・監視する必要のないものを隠すために使用されます。たとえば、同じ集合住宅に住む隣人の玄関や窓をプライバシーマスクで黒塗りに処理することができます。

Ringアプリや録画ビデオで映像を確認する際、プライバシーマスクはどのように表示されますか?
プライバシーマスクは、黒い四角形として表示されます。下に示す画像では、プライバシーマスクが玄関ドア部分に適用されています。

Screenshot_20190603-143100__1_.png

プライバシーマスクはいくつ作成できますか?
プライバシーマスクは最大2つ作成できます。

プライバシーマスク適用エリアで発生した出来事を確認したい場合、その画像を復元できますか?
いいえ。プライバシーマスクが適用されているエリアは、カメラの画像を生成する過程で、読み取りが不可能(デッドゾーン)になるように処理されます。そのエリア内で発生したものは表示および復元できません。

作成できるプライバシーマスクの最小サイズはどのくらいですか?
画面の約15%にあたる範囲が適用可能な最小サイズとなります。

プライバシーマスクを特定の形状で設定することはできますか?
いいえ。プライバシーマスクは、四角形でのみ適用できます。

デバイスを移動したり、向きを変更したりした場合、プライバシーマスクの位置はそのまま保持されますか?
いいえ。デバイスの向きを変更した場合、プライバシーマスクが適用されているエリアも変更されます。プライバシーマスクは、カメラレンズに貼り付けられたテープと同じだと考えれば、イメージしやすくなります。そのため、デバイスを移動した場合、プライバシーマスクの位置も同時に移動します。

プライバシーマスク適用エリアのモーションアラートも受信できますか?
プライバシーマスク適用エリアのモーションアラートを受信するかどうかは、お持ちのデバイス、およびRingアプリの設定によって異なります。

  • 有線デバイスを使用している場合、プライバシーマスク適用エリアのモーション検知やモーション通知は受信できません。
  • バッテリー式デバイスを使用し「パーソンアラート」モードを有効にしている場合、モーションは検知されません。
  • バッテリー式デバイスを使用し「パーソンアラート」モードが無効になっている場合、プライバシーマスク適用エリアのモーションは検知されます。モーション通知は送信されますが、Ringプロテクトプランをご利用の場合であっても、モーションの録画は行われません。

 

この記事は役に立ちましたか?

×

 

 



Send Feedback