Ring Doorbellおよび防犯セキュリティカメラを移動する場合のガイドライン

引っ越しのためにRing doorbellまたは防犯セキュリティカメラを取り外す場合、デバイスの取り外しと電気配線の作業を開始する前に、必ずサーキットブレーカーの電源をOFFにしてください。取り外した金具類は、ビニール袋に入れてテープでデバイスに固定します。または、新しい家に運び込むために、元の箱に戻します。

Ring DoorbellまたはRing Doorbellカバーの取り外し方法

カバー(フェイスプレート)を固定している盗難防止ねじを取り外す場合、ドアベルに同梱されていたドアベルドライバーが必要になる場合があります。Ring Video Doorbellドライバーを紛失した場合は、Ring.comのスペア部品キットでこのドライバーを入手できます。スペア部品キットには、ドライバー、取り付けブラケット、盗難防止ねじ、その他必要な部品が含まれています。最初に、適切なアクセサリを入手できるように、お使いのRing Video Doorbellのモデルを確認します。

Ring Video Doorbellまたは防犯セキュリティカメラを取り外すタイミング

現在の家から引っ越す予定であり、Ring Video Doorbellまたは防犯セキュリティカメラの取り外しが望ましいと思われる状況を考えてみましょう。Ring Protectプランを契約しており、引き続きビデオを受信する場合は、wifiサービスを接続状態に保つ必要があります。Ring Video Doorbellまたは防犯セキュリティカメラを取り外しても、Ring Protectプランが自動的にキャンセルされることはありません。Ringアカウントで、サブスクリプションプランをキャンセルする必要があります。ただし、プランをキャンセルする前に、必ず必要なビデオをダウンロードしておいてください。

新居(場所)でRingデバイスを再び取り付ける

新しい住所でRing Doorbellまたは防犯セキュリティカメラを設定する場合、新しい場所を作成する必要はありません。

Ringアプリを開きます。

  • 左上の3本線をタップします
  • 設定をタップします
  • 以前の住所を新しい住所に更新します
    • 続行をタップします
    • 新しい住所を確認します
  • もう一度、左上の3本線をタップします
  • Devices(デバイス)をタップします
    • 設定する特定のデバイスをタップします
    • 新しいwifiネットワークの名前とパスワードを手元に用意しておいてください
  • デバイスの状態をタップします
  • wifiに再接続をタップします
    • wifiに再接続したら、「モーション検知の設定」と「モーション検知スケジュール」を表示して、新居用にカスタマイズされていることを確認します。
      • デバイスの状態画面で、左上の矢印をタップします
      • モーション検知の設定をタップします
      • 必要に応じて「モーション検知の設定」を調整します

取り付けるRing Doorbellまたは防犯セキュリティカメラごとに、この手順を繰り返します。

トラブルシューティング

Ring Wi-Fiwifiネットワークは、一時的なアクセスポイントですが、その接続に問題が発生した場合は、実行できるトラブルシューティング手順がいくつかあります。

引っ越しの場合でもRing Video Doorbellまたは防犯セキュリティカメラをそのまま残す

Ringデバイスを新しい所有者に転送する場合は、所有権を移転するために、アカウントからRing Doorbellまたは防犯セキュリティカメラを削除する必要があります。Ringアプリを削除したり、Ring Protectプランをキャンセルしたりしても、デバイスの所有権が自動的に破棄されることはありません。アカウントからデバイスを削除する前に、適切なビデオを必ずダウンロードしてください。アカウントからデバイスを削除すると、Wi-Fiwifiネットワークは自動的に切断され、デバイスはユーザーまたはアカウントに接続されなくなります。

以前の住所にRingデバイスを残してきた場合、新しい所有者はRingアプリをダウンロードし、独自のアカウントを作成したうえで、モバイルデバイスで新しいアカウントとデバイスを関連付ける必要があります。

引っ越しの際にRing Protectプランをキャンセルする方法

Ring Protectサブスクリプションをキャンセルするには、Ringアカウントにログインする必要があります。

  • RingアプリのログインEメールアドレスとパスワード認証情報を使用します。
  • Ring Protect Planは、Ringアプリ内ではキャンセルできません。ring.comにアクセスする必要があります。
  • 以前のプランをキャンセルした場合は、どのような状況でも、Ringデバイスを関連付ける際に、Ring Protectプランを再契約する必要があります。

デバイスの所有権

RingアプリでRingデバイスを最初に設定したユーザーは、デバイスの所有者と見なされます。Ring Protectプランをキャンセルできるのは、デバイスの所有者だけです。共有ユーザーは、Ring Protectプランをキャンセルできません。

初めて設定している際に表示される場合の「別の所有者に登録されています」メッセージ

以前の所有者に登録されているデバイスを設定しようとすると、以前の所有者に自動Eメールが送信され、アカウントからRingデバイスを削除するように求めるメッセージが表示されます。このEメール自体はすぐに送信されますが、以前の所有者がデバイスを削除するまでは、時間がかかる場合があります。Ringアプリの指示に従って、Ring Doorbellまたは防犯セキュリティカメラの所有権を取得できます。

注:Ringアプリの最新バージョンが搭載されていることを確認してください。最新バージョンでない場合、所有権の移転を開始するオプションが表示されない場合があります。

個人や小売店からRingデバイスを購入し、すでに所有者がいるためにそのデバイスを設定できない場合は、まず販売者に連絡するか、販売者に返却してください。

お客様が所有者である場合のにも関わらず表示される「デバイスが別の所有者に登録されています」メッセージ

以前の住所で使用していたデバイスを再設定しようとして、そのデバイスが別の所有者に登録されていると通知された場合、家族の他のメンバーに状況を確認してください。デバイスを最初に設定したユーザーが、デバイスの所有者として登録されています。お使いのアカウントでRingデバイスを設定する場合、相手のアカウントからデバイスを削除する必要があります。

知人である以前の所有者、または家族である以前の所有者からRing Doorbellまたは防犯セキュリティカメラを削除する方法

デバイスの所有者は、Ringアプリで次の手順に従う必要があります。

  • 左上の3本の線をタップします
  • (デバイス)をタップします
    • 削除すべきデバイスをタップします
  • デバイス設定をタップします
  • 一般設定をタップします
  • このデバイスを削除をタップします

重要:モバイルデバイスからRingアプリを削除したり、Ring Protectプランをキャンセルしたりしても、所有権は破棄されません。第三者がRingアプリを削除したが、さらにデバイスを削除する必要がある場合、Ringアプリを再度ダウンロードできます。以前と同じEメールアドレスとパスワードでログインし、アカウントの検証プロセスを実行してから、上記の手順に従って所有権を破棄してください。

注:またこのプロセスでは、所有、交換、または廃棄した可能性のあるRing Doorbellおよび防犯セキュリティカメラを削除することもできます。

Ringアプリから以前の住所(場所)を削除する方法

新しい場所にRingデバイスを設定せず、以前の場所を削除する場合は、次の手順に従います。

  • Ringアプリを開きます
  • 左上の3本の線をタップします
  • 設定をタップします
  • 場所削除をタップします
    • 画面下部の赤いゴミ箱アイコンを表示するには、スクロールが必要な場合があります。

Ringデバイスの以前の所有者が死亡逝去した場合

デバイスの以前の所有者が死亡逝去した場合、Ringカスタマーサポートが、アカウントの所有権移転をサポートできます。

この記事は役に立ちましたか?

×

 

 



Send Feedback