デバイスが繰り返しオフラインになる現象をルーターを調整して解決する

警告- この記事で提供されている解決策では、wifiルーターの高度な機能を使用する必要があります。これらの解決策を試す前に、これらの機能の使用方法に慣れ親しんでおいてください。
デバイスが繰り返しオフラインになる原因の多くは、信号の変動やチャンネル干渉、またはデータ損失による、wifi接続の不備です。ただし、まれに、ルーターの設定が原因で発生することがあります。
この記事では、さまざまなルーターの設定の調整に関連するいくつかの解決策について説明します。
最初に試すべきこと

  • アップロード速度が遅いかどうかを確認します。原因がアップロード速度が遅いことであるかどうかを確認するには、速度テストを実行して、ネットワークがRingデバイスをサポートしているかどうかを確認します。
    • Ringデバイスでは、1Mbps以上のアップロードおよびダウンロードの速度が必要ですが、最適なパフォーマンスを得るためには2Mbpsを推奨します。

速度テストを実行する方法の詳細については、ここをクリックしてください。

  • 信号が弱いかどうかを確認しますwifi信号が弱いと、Ringデバイスとの接続が不安定になることがあります。Ringアプリケーションの「デバイスの状態」セクションで、デバイスのRSSIが許容範囲内であることを確認します。最適なパフォーマンスのために推奨されるRSSIの範囲は、0から-60です。

RSSIの詳細については、ここをクリックしてください。
wifiを有効にする方法の詳細については、ここをクリックしてください。

  • ルーターの再起動。ネットワーク機器の電源の投入および切断をしばらく行っていない場合は、電源プラグを30秒間抜いてから再接続してください。

デバイスが繰り返しオフラインになる際に推奨されるルーター設定の変更
上記のいずれも問題の原因ではないことを確認したら、次の推奨事項を1つずつ試してください。各推奨事項を完了したら、デバイスを再度セットアップしてデバイスが正常に動作するかどうかを確認してください。

  • ルーターチャネルを調整します。ワイヤレスネットワークでは、通信ごとに異なるチャネルを使用します。2.4GHzの帯域ではチャネル1~13を使用します。5GHzの帯域では、チャネル36~165から選択したチャネルを使用します。場合によっては、無線の干渉または混雑が原因でRingデバイスのセットアップが失敗することがあります。
    • 2.4GHz周波数にデバイスを接続するときにネットワークが見つからない、または離れすぎているというメッセージが表示される場合は、この混雑が原因である可能性があります。チャネル1、6、または11は他のチャネルと重複しないのでルーターのチャネルをこれらのいずれかに切り替えることをお勧めします。
    • wifiアナライザーアプリケーションをAndroidデバイス上または場合によってはルーター内で使用して、どのチャネルが最も混雑しているかを評価できます。セットアップの問題、オーディオやビデオの品質の低下、または通知の遅延が発生した場合は、この方法をお勧めします。
  • DHCPのリース時間を変更する。一般的な家庭用ルーターのリース時間は8~24時間です。リース時間を更新する際、デバイスは毎回異なるIPアドレスにアサインされるため、オフラインになる期間が発生します。これを解決するには、より長いリース時間に設定してデバイスに指定のIPアドレスを設定するか、固定IPを設定します。

Ringデバイスの通信機能を起動する

  • DHCP予約を作成します。DHCP予約は、1つのデバイスを使用するために予約された永続的なIPアドレス割り当てです。Ringデバイスの背面または箱に記載されているMac IDを使用してDHCP予約を作成し、Ringデバイスがルーターに接続されるたびに同じアドレスが割り当てられるようにします。

:このオプションにはさまざまな条件があります。ルーターのマニュアルを参照して、確認してください。

  • 静的IPを設定します。Ringアプリケーションのセットアッププロセス中に静的IPを設定することもできます。

:IPの競合を防ぐために、入力したアドレスがDHCPサーバーの範囲外であることを確認してください。
暗号化/SSIDおよびパスワードの変更
インターネット接続またはwifiのパスワードが原因でないことが確認できたら、次の推奨事項を実施してください。デバイスを再度セットアップしてデバイスが正常に動作するかどうかを確認してください。

  • ルーターが最適なワイヤレス設定であることを確認する
    • 暗号化タイプをWPA2/WPAに変更します。Ringデバイスは複数の暗号化タイプと互換性がありますが、通常はWPA2/WPA暗号化を使用することをお勧めします。WEP暗号化は安全性が低く、Ringデバイスのセットアップで問題が発生することがあります。
    • SSIDを確認します。ネットワークのSSID(名前)を確認します。名前の前後に特殊文字や空白文字がある場合は、ネットワークの名前をシンプルな名前に変更してください。SSIDに特殊な文字やスペースが含まれていると、セットアップ中に問題が発生する可能性があります。

:暗号化の種類を変更する際は、新しいSSIDとパスワードでワイヤレスデバイスをネットワークに再接続する必要があります。安全な場所に、必ず書き留めておいてください。

この記事は役に立ちましたか?

×

 

 



Send Feedback