ルーターを調整して問題のあるオーディオ/ビデオ品質を修正する

警告- この記事で提供されている解決策では、wifiルーターの高度な機能を使用する必要があります。これらの解決策を試す前に、これらの機能の使用方法に慣れ親しんでおいてください。
ライブビュー中にオーディオまたはビデオの品質が低下しているにもかかわらず、録画に問題がない場合は、モバイルデバイスとクラウド間の接続不良、またはRingデバイスとルーター間の接続の問題が原因である可能性があります。Ringアプリケーションでライブビデオと録画ビデオの両方を表示しているときにビデオまたはオーディオの品質が低下する場合は、信号やデータの損失などのwifiの問題がほとんどの原因になっています。ただし、まれに、ルーターの設定が原因で発生することがあります。
この記事では、さまざまなルーターの設定の調整に関連するいくつかの解決策について説明します。
始める前に
ルーターを調整する前に、ビデオ品質低下のトラブルシューティングに関する記事を読んでください。オーディオやビデオの品質が低下する場合の最も一般的な原因と解決策については、ここを参照してください。それでも問題が解決しない場合は、次にこの記事を読んでください。
最初に試すべきこと

  • アップロード速度が遅いかどうかを確認します。アップロード速度が遅いことが原因でビデオまたはオーディオの品質が低下しているかどうかを確認するには、同じwifiアクセスポイントに接続しているPCまたはモバイルデバイスから速度テストを実行し、ネットワークがRingデバイスをサポートできるかどうかを確認します。
    • 最適なパフォーマンスを得るには、Ringデバイスに少なくとも1Mbpsの接続速度が必要ですが、最適なパフォーマンスを得るためには2Mbpsを推奨します。

速度テストを実行する方法の詳細については、ここをクリックしてください。

  • 信号が弱いかどうかを確認します。wifi信号が弱いと、Ringデバイスとの接続が不安定になることがあります。Ringアプリケーションの「デバイスの状態」セクションで、デバイスのRSSIが許容範囲内であることを確認します。

RSSIの詳細については、ここをクリックしてください。
wifiを有効にする方法の詳細については、ここをクリックしてください。
ビデオ/オーディオの品質が低い場合のルーター設定の調整
上記のいずれもビデオまたはオーディオの品質が低下する原因ではないことを確認したら、次の推奨事項を1つずつ試してください。各推奨事項を完了したら、デバイスを再度セットアップしてデバイスが正常に動作するかどうかを確認してください。

  • ルーターチャネルを調整します。ワイヤレスネットワークでは、通信ごとに異なるチャネルを使用します。2.4GHzの帯域ではチャネル1~13を使用します。5GHzの帯域では、チャネル36~165から選択したチャネルを使用します。場合によっては、干渉や混雑がビデオ/オーディオの問題の原因になることがあります。
    • 2.4GHz周波数に接続されたデバイスでビデオ/オーディオの品質が低下している場合は、この混雑が原因である可能性があります。チャネル1、6、または11は他のチャネルと重複しないのでルーターのチャネルをこれらのいずれかに切り替えることをお勧めします。
    • wifiアナライザーアプリケーションをAndroidデバイス上または場合によってはルーター内で使用して、どのチャネルが最も混雑しているかを評価できます。セットアップの問題、オーディオやビデオの品質の低下、または通知の遅延が発生した場合は、この方法をお勧めします。
この記事は役に立ちましたか?

×

 

 



Send Feedback