お使いのルーターを調整して録画データにアクセスできないエラーを修正します

警告- この記事で提供されている解決策では、Wi-Fiルーターの高度な機能を使用する必要があります。これらの解決策を試す前に、これらの機能の使用方法に慣れ親しんでおいてください。

Ringアプリケーションでライブビューまたは録画ビデオを表示しているときに録画データにアクセスできない場合は、ルーターの設定、ファイアウォールの設定、またはデータの損失が原因で問題が発生している可能性があります。

この記事では、さまざまなルーターの設定の調整に関連するいくつかの解決策について説明します。

始める前に

録画データにアクセスできない原因を特定する場合は、まず、問題がRingデバイス自体にあるのか、Ringアプリケーションにあるのかを確認することが重要です。問題が発生している可能性がある場所を特定するには、次の手順を実行します。

  • コンピューターを使用して、ring.com/accountにアクセスし、アカウントにログインします。
  • ログインしたら、ダッシュボードから別のビデオを再生してみてください。
    • ビデオにアクセスできない場合は、Ringデバイス、およびRingサーバーとの接続に問題があることを示している可能性があります。これは、モデム、ルーター、またはISPに関連している可能性があります。
    • ビデオが正常に再生される場合は、Ringアプリケーションで問題が発生していることを示しており、モバイルデバイスとインターネットの接続不良が原因である可能性があります。
      • Wi-Fiのみを使用してモバイルデバイスでビデオを再生してみてから、携帯電話だけで試してみて、接続不良かどうかを特定してください。

次に試すこと:

ルーターの調整を開始する前に、次の項目がビデオにアクセスできない原因でないことを確認してください。

  • 信号強度が弱い。Wi-Fi信号が弱いと、Ringデバイスとの接続が不安定になることがあります。Ringアプリケーションの「Device Health(デバイスの正常性)」セクションで、デバイスのRSSIが許容範囲内であることを確認します。通常、Ringデバイスは0~-60のRSSIの範囲内で最適に動作します。
  • 2.4GHzおよび5GHzワイヤレスネットワーク(SSID)の名前を変更することで、識別しやすくなります。Ringデバイスには、5GHzネットワークに対応していないモデルがあります。 

RSSIの詳細については、ここをクリックしてください。

Wi-Fiを有効にする方法の詳細については、ここをクリックしてください。

  • アップロード速度が遅い。ビデオにアクセスできない原因がアップロード速度が遅いことであるかどうかを確認するには、速度テストを実行して、ネットワークがRingデバイスをサポートしているかどうかを確認します。
    • 720pディスプレイを搭載したRingデバイスでは、500Kbps以上のアップロードおよびダウンロードの速度が必要ですが、最適なパフォーマンスを得るためには1Mbpsを推奨します。
    • 1080pディスプレイを搭載したRingデバイスでは、1Mbps以上のアップロードおよびダウンロードの速度が必要ですが、最適なパフォーマンスを得るためには2Mbpsを推奨します。
    • 複数のRingデバイスを使用している場合は、最適なパフォーマンスを得るために帯域幅を追加することをお勧めします。

速度テストを実行する方法の詳細については、ここをクリックしてください。

  • 問題が1つのデバイスに特定されているかどうかを確認します。複数のRingデバイスを使用している場合は、他のデバイスで同じ現象が発生しているかどうかを確認します。複数のRingデバイスの録画が再生されない場合は、インターネット接続に問題があるか、ファイアウォールの設定が原因である可能性が高くなります。1つのRingデバイスでのみ問題が解決しない場合は、デバイスの信号強度が良好であることを確認し、Ringカスタマーサポートに連絡してサポートを受けてください。

お住まいの地域のカスタマーサポートの電話番号については、ここをクリックしてください。

  • データ損失。これは技術的にはパケット損失と呼ばれ、信号強度(RSSI)が良好であると思われる場合も発生する可能性があります。Wi-Fi信号が、データの整合性を維持しながら、特定の距離や建物内の資材をどれだけ適切に通過するかによって、どの程度の損失が発生するかが決まります。データの損失が大きい場合は、ビデオにアクセスできなくなったりビデオの品質が低下したりする可能性があります。

Wi-Fiの強度を向上させる方法については、ここをクリックしてください。

録画データにアクセスできない場合のトラブルシューティング:

上記のいずれも録画データにアクセスできない原因ではないことを確認したら、次の推奨事項を1つずつ試してください。各推奨事項を完了したら、デバイスを再度セットアップしてデバイスが正常に動作するかどうかを確認してください。

  • ルーターを確認します。 問題がルーターのファイアウォールに関係しているかどうかを確認する最も簡単な方法は、Ringデバイスを別のネットワークに接続してビデオを表示してみることです。モバイルホットスポットや、友人や家族のネットワークを使用することをお勧めします。
    • デバイスが別のネットワークで正常に機能する場合は、ルーターまたはインターネット接続が原因で問題が発生している可能性があります。
    • デバイスが別のネットワークで正常に機能しない場合は、Ringデバイスに問題がある可能性があります。カスタマーサポートチームからサポートを受ける必要があります。

お住まいの地域のカスタマーサポートの電話番号については、ここをクリックしてください。

  • ゲストネットワークを有効にして接続します。  ゲストネットワークは、他のデバイスから分離されたネットワーク用の別のアクセスポイントです。ゲストネットワークを作成することで、Ringデバイス用にファイアウォールを使用しないネットワークを作成することができます。簡単な英数字のSSID名とパスワードを使用してゲストネットワークを作成し、Ringデバイスをそのネットワークに接続します。

Ringデバイスの通信機能を起動する

  • DHCP予約を作成します。DHCP予約は、1つのデバイスを使用するために予約された永続的なIPアドレス割り当てです。Ringデバイスの背面または箱に記載されているMac IDを使用してDHCP予約を作成し、Ringデバイスがルーターに接続されるたびに同じアドレスが割り当てられるようにします。

:このオプションにはさまざまな条件があります。ルーターのマニュアルを参照して、確認してください。

  • 静的IPを設定します。Ringアプリケーションのセットアッププロセス中に静的IPを設定することもできます。

:IPの競合を防ぐために、入力したアドレスがDHCPサーバーの範囲外であることを確認してください。

DHCP予約または静的IPが設定されたら、次のいずれかを試してください。

  • RingデバイスをDMZ(非武装地帯)に移動します。予約したIPアドレスを使用して、Ringデバイスをルーターの非武装地帯(IPパススルーと呼ばれることもあります)に配置します。これにより、Ringデバイスのトラフィックが、接続を妨げている可能性があるセキュリティ設定を通過できるようになります。

:これは、一度に1つの接続済みデバイスに対してのみ実行できます。

  • ポート転送/ポートトリガーを試してみます。上記で予約したIPアドレスを使用して、必要なポートを転送します。DMZと同様に、ポート転送は単一のデバイスに制限されます。複数のRingデバイスでビデオにアクセスできない場合は、ポートトリガーを使用することをお勧めします。 
  • ファイアウォールレベルを下げてみてください。ファイアウォールのレベルが高に設定されているか、場合によっては中に設定されていても、ルーター経由のRingデバイスの通信が制限されることがあります。お使いのデバイスに最適な設定が見つかるまで、ファイアウォールのレベルを一度に1つずつ下げることをお勧めします。

:ファイアウォールを無効にすることはお勧めしません。ファイアウォールを無効にすることがデバイスが正常に機能する唯一の方法である場合は、インターネットサービスプロバイダーまたはルーターの製造元に問い合わせることをお勧めします。

この記事は役に立ちましたか?

×

 

 



Send Feedback