Ringアプリでビデオの表示の問題とRingデバイスに接続できない問題が発生している

ライブビューまたは録画したビデオが表示されない場合は、RingデバイスとRingアプリ間のデータ転送に問題があります。このため、Ringアプリでは、ライブビューを表示したり、Ringカメラからのビデオ録画を表示したりすることができません。「Activating Device(デバイスをアクティブにしています)」というメッセージが表示される場合がありますが、最終的にカメラはタイムアウトします。 

Ringアプリがデバイスに接続しない最も一般的な原因と、それらを修正する方法については、以下の記事を参照してください。  

ビデオがRingデバイスに接続されない一般的な原因

ライブビューを実行できない、または録画したビデオを見ることができない最も一般的な原因には、次のものがあります。 

  • モバイルデバイスとインターネット間の接続不良
  • インターネットのアップロード速度とダウンロード速度が遅い
  • Ringデバイスとルーター間の接続不良 

モバイルデバイスとインターネットの接続不良

ライブビューに接続できない、またはビデオ表示できない場合に最初に確認することは、モバイルデバイスとインターネットの間の接続です。携帯電話で強い信号を受信していますか? していない場合は、モバイルデバイスの設定を使用してWi-Fiネットワークに接続し、信号を強めます。 

モバイルデバイスがインターネットから良好な信号を受信している場合、インターネットの通信速度を確認してください。

インターネットのアップロード速度とダウンロード速度が遅い

この場合の「インターネットの通信速度」は、ワイヤレスネットワークがデータをアップロードおよびダウンロードする速度の測定値です。アップロードおよびダウンロード速度のいずれかまたは両方が遅すぎると、RingアプリはRingデバイスのカメラからのビデオ画像を表示できません。このため、Ringデバイスのまわりでインターネットの通信速度をテストすることが重要です。 

インターネットの通信速度をテストするには、次の手順に従います。 

  • モバイルデバイスを、Ringデバイスが設置されている場所に移動します。
  • モバイルデバイスでWebブラウザを開いて、ring.com/speedにアクセします。
  • ゲージの中央にある「Start(スタート)」ボタンをクリックしてテストを開始します。

Screenshot_2017-03-22_10.17.20.png

  • テストが完了したら、ゲージの下の小さな表を確認します。最初の列にある緑色の数字はダウンロード速度です。2列目にある青い数字はアップロード速度です。 

Screenshot_2017-03-23_14.40.12.png

一般的に、ほとんどのRingデバイスは、アップロードおよびダウンロード速度が2Mbps以上ある場合に最適に機能します。速度が2Mbpsよりもかなり遅い場合、ルーターをRingデバイスの近くに移動するか、必要に応じてインターネットサービスプロバイダーにインターネットの接続速度について相談してみてください。

ルーターとRingデバイス間の接続不良

インターネット速度が良好な場合でも、ルーターとRingデバイス間の信号強度に問題がある可能性があります。信号の強さは、ビデオ画像をRingデバイスからRingアプリに送信する場合と同様に重要です。  

Wi-Fi信号の強度を確認するには、次の手順に従います。

  • Ringアプリを開きます
  • 画面左上の3本線をタップします
  • 「Devices(デバイス)」を選択します
  • テストするRingデバイスをタップします
  • 「Device Health(デバイスの状態)」タイルをタップします
  • 「Device Health(デバイスの状態)」画面の「Network(ネットワーク)」セクションで、「Signal Strength(信号強度)」を確認します。 

信号が弱い、または非常に弱い場合は、ルーターとRingデバイス間の距離、自宅の間取り、他のデバイス(テレビ、ゲーム機器など)、または化粧しっくい、レンガ、金属、大きな鏡、ガラスのドアなどの家庭内の素材による干渉が原因の可能性があります。  

Wi-Fi信号の強度が弱い場合の対処方法については、ここをクリックしてください。 

この記事は役に立ちましたか?

×

 

 



Send Feedback