検知を理解し、モーション検知の頻度でモーション検知を最適化する

「モーション検知の頻度」は、ユーザーがアクセスできるコントロールです。これを使用すると、モーション検知プロトコルを調整して、高精度のアラート受信とバッテリー節電の間で、バランスを保つことができます。
この記事では、モーション検知の頻度とは何か、さらに、Ringデバイスのモーション検知機能の最適化方法について詳しく説明します。
モーション検知と交通パターンの問題
Ringデバイスは、非常に強力なモーション検知センサーを搭載しており、監視エリアを常にスキャンしています。Ringデバイスがモーションを検知すると、モーションアラートがモバイルデバイスのRingアプリに送信され、ユーザーに状況が通知されます。
ただし、監視対象エリアで、比較的短い時間内に、繰り返しモーションが検知される場合、問題が発生します。たとえば、庭先で子どもたちが遊んでおり、Ring装置の監視エリアに連続的に出入りして、モーションアラートが何度も生成される場合があります。一連の誤報アラートが不要に生成されるだけでなく、誤報が多すぎると、Ringデバイスのバッテリー残量が急速に低下する可能性があります。
モーション検知の頻度アルゴリズムは、このような状況を緩和するように設計されています。
モーション検知の頻度アルゴリズム
Ringのモーション検知の頻度アルゴリズムは、Ringデバイスの内部で実行される内部プログラムです。検知したモーションの交通パターンを分析し、反復パターンを特定します。このようなパターンを検知すると、基本的には一定期間デバイスを「スリープ」させて、同じ原因で検知されるモーションアラートの件数を削減できます。モーションの繰り返しパターンが続く回数が多いほど、モーションアラートが発行される間隔も長くなります。
「モーション検知の頻度」コントロール
「モーション検知の頻度」コントロール(Ringアプリ画面では「モーション検知の設定」の下)は、監視エリアの個別の状況に応じてモーション検知の頻度アルゴリズムを調整するために使用します。「モーション検知の頻度」コントロールには、自由に変更できる3つの設定があり、さまざまな条件下で有効に利用できます。

  • 散発的一定の間隔:モーション検知の頻度アルゴリズムを「低頻度」に設定すると、繰り返しのモーションに対するシステムの感度が最大になり、そのようなモーションを検知した後は、システムが「スリープ」状態になる時間が長くなります。この環境では、結果的に、システムはモーションソースを報告不要のモーションとしてより簡単に識別できるようになり、レポートの間隔を長くすることができます。したがって、受信するモーションアラートの件数が大幅に削減され、バッテリーの持続時間を引き延ばすこともできます。低頻度の設定は、不要なモーションアラートが多くなりがちな、人や車の往来が多いエリア(子供が遊んでいる庭先など)に最適です。
  • 定期的:これはシステムのデフォルト設定であり、繰り返しのモーションに対する感度を低下させ、システムの「スリープタイマー」を短縮します。この設定は、人や車の往来はあまりないが、動物による繰り返しアラートに対応しようとしているエリアに最適です。
  • 頻繁:この設定では、繰り返しのモーションに対するシステムの感度が最小になり、検知した各モーションを個別のイベントとして、システムがデフォルトで対応する傾向があります。繰り返しのモーションを検知すると、次のスキャンまでのシステムのスリープ時間がなくなります。この設定は、裏庭や中庭など、人の出入りが最小限になっているエリアや、防犯強化が必要なエリアに有効です。他の設定よりも早くバッテリーを消耗しますが、エリアに対して最も厳格な監視を実現できます。この設定は、モーション検知の設定を調整する際にも有効です。
この記事は役に立ちましたか?

×

 

 



Send Feedback